今日はの休日だけど端末といった携帯通じるまでがんばりました!誰かにご褒美を頂きたい気分です!今はのほほんとブレイクしていらっしゃる。

以前から携帯と端末間で、WiFi経由でチェックを交流できるようにしたいと思っていました。
逐一USBでつなぐのが悩みだったからだ。
日帰り眼、アプリケーションをダウンロードしてとりあえず携帯という端末がつながったもよう。
それでも端末から携帯が動かせるようになっただけで動画やmusicがどうしても転送てきません。
こういうアプリケーション、はからずも違うんじゃないかと思ったものの、ものすごく疲れてそこで投げ出しました。
二太陽眼、あきらめきれずに再スタート、何だかもっての外で気抜け。
三太陽眼、気を取り直して新たに計画を手さぐりすること半、なんのことはないアプリケーションが違っていたのです。
ふさわしいアプリケーションさえダウンロードすれば私のように端末に疎い他人も簡単に動画やmusicを送受信することができます。
クレアトゥールを通じてアプリケーションニックネームが違うと思うのですが、私の格安ケータイASUS(エイスース)の場合「Share Link」というアプリケーションでした。
計画はそのアプリケーションを携帯という端末両方にダウンロードして、あとはアプリケーションを解くだけ。
転送したいチェックをタップ、転送ポイントをタップ、最後にアップ・転送をタップしてフィナーレだ。
遠回りしてしまいましたができるようになって良かったです。
いとも軽便に使っています。
自分はケータイに三脚をつけて使用することが多いので、三脚から携帯を外さずに端末に取り込んで加工できるのは何ともありがたいです。
それにぼんやり何度も端末につないだり外したりするのは器機に緊張が要るんじゃないかと心配もしていました。
中でも防水仕様のケータイを使ってある手法は、USBの蓋をなるべく開け閉め取り止めるほうが好ましいそうですね。
防水効能が弱まってしまうためだ。
そういった手法こそWiFiでチェック報せをするといいと思います。

http://www.3dvision.ch/